« 発作の記録② | トップページ | 発作の記録④ »

発作の記録③

2009年4月29日(水)

深夜1時 4時半 7時半

軽い発作(顔をこすりつけるようにカクカク)  

胸をナデナデしていたら治まった。

8時  起床 おしっこしぼる

生肉、野菜の粉、ヨーグルトを混ぜたものを60g食べてくれた。

それ以上は食べなかったのでさつまいもに薬を混ぜてあげた。

好きなものは食べる元気はあったので安心。

でもまだ目はうつろで、首から下は動かなかった。

母乳にぬるま湯をまぜてあげるとよく飲んだ。

チャマは食べ物アレルギーがあるので、今まであげたことの無い食べ物をあげるのに抵抗があった。

母乳は以前に、指についたものをあげたら舐めていた。

その際、アレルギーはでなかったので大丈夫だと思った。

13時 おしっこしぼる

お母さんがお見舞いに来てくれた。

お客さんが来たのに、ワンともいわず横になったまま。。。

しばらくして、お母さんがトイレに立ち上がったとき、かすれた声だったけど「ワンワン」言えた。

15時  水を飲まないので再び薄めた母乳

この日は発作は無いが、ずっと横になったままで目だけ動かす。

19時 ご飯食べず、水も飲まず、ついには大好きなさつまいもも食べなくなった。

21時 薬を飲ませたかったので再びさつまいもをあげたらサイコロ程度の大きさを一口食べた。

その後は口をあけてくれなかったので、薬を粉にしてシリンジで飲ませた。

ご飯(肉)は口に入れてもベーっと出す。

22時 おしっこしぼって就寝

2009年4月30日(木)

朝方 4時 軽い発作

朝食は全く食べなかった。元気も無し。

最初に行った近所の病院では原因はわからなかったので、いつもお世話になっていた先生にセカンドオピニオンをお願いすることにする。

10時半  最初の病院にレントゲン画像をもらいに行った。

病院から戻って、留守番していたチャマに声をかけに行くと、寝たまま「お帰り」と顔を舐めてくれた。

久しぶりにチャマとコミュニケーションとれたので、とってもうれしかった。

これがチャマが私にしてくれた最後のキスだった。

この日はお友達のmadokaさんがお見舞いにきてくれた。

今は栃木に引っ越してしまったのでなかなか会えなかったけど、チャマはmadokaさんを覚えていて、madokaさんからお芋を少し食べた。

15時半  先生が家にきてくれた。

レントゲン画像では問題なし

最初の病院で指摘された頚椎は問題なしとの事だった。

発作の動画を見せて、これまでの状況を説明すると先生は、「おそらく、てんかんだと思う」と。。。

最初の病院で飲んでいたのは、麻酔薬と関節の痛み止めだった。。。

薬を翌日からてんかんの薬に変更することになった。

この日の夜も、チャマは声にならない声でずっと叫んでいた。  

|

« 発作の記録② | トップページ | 発作の記録④ »