« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

ホワイトアスパラガスちゃん

茶豆の足のお話です。

茶豆は、みんなみたいに上手に歩けません。

いつも、ヨチヨチ コテン。 ヨチヨチ コテン。

(↑ この、「コテン」ってのは、リリ子さんに転がされている音です)

センターにいた時は、ほとんど歩けなかったそうです。

我が家に来る前の最初の診断は、レントゲンに大きな異常は見つからないということと、センターに来た当初は歩けなかったものの、日々少しずつ歩けるようになってきているというセンター職員さんのお話もあり、軽いヘルニアの可能性との事でした。

そして我が家にきた時、近所の病院に、ヘルニアについて相談しようと伺ったところ。。。

先生 : 「腰の部分で、レントゲン上は異常は見つからないが、これだけ麻痺があるならMRIを撮りましょう。首の骨もずれている可能性があります。角度でそう見えるものなのか、実際ずれているのか、首から下までMRIを撮ったほうがいいですね」

そして、経過観察でまた翌日に診察。

今度は違う先生でした。

私 : 「先生、この子はまだ正式にわが子として迎える前なので、トライアル中の2週間は、麻酔をかけるような大きな検査はまだ控えたいんですけど。。。 MRIって、この子の現状を知るために撮るんですかねぇ~。。。?」

先生 : 「極端な話、現状を知るというよりは、手術をするためにMRIを撮るんです。こんなに麻痺がある状態で2週間もMRIを撮らないの?首はMRIじゃなくてCTですね~。どうせ麻酔をかけるなら両方撮りましょう。」

。。。。。。

へっ??

茶豆はそんなに悪い状態なの???

マ??ヒ??

。。。。。

納得のできなかった私は、セカンドオピニオンに。

今度は、その道(変な道じゃないよ)に詳しい方に紹介していただいた先生。

リリさんも一度診ていただいたことがあるのですが、とにかくすっごい先生で、私が尊敬してやまない先生です。

そして診断結果は、

成長期に全く日光に当たらなかった事によるビタミンD不足

うまく成長できていないんですね。。。

先生のたとえによると、、、

グリーンアスパラガスもホワイトアスパラガスも実は同じもの

お日様の光をいっぱい浴びて元気に育ったのがグリーンアスパラガス

一方、盛土をして、お日様に全く当てず、ひ弱っ子に育ったのがホワイトアスパラガス

ホワイトアスパラガスは、ホワイトアスパラガスとして育ってきた以上、今更グリーンアスパラガスにはなれません。

茶豆はホワイトアスパラガスちゃん。

どんなに頑張っても、グリーンアスパラガスにはなれないのです。

どんなに頑張っても、成長期にお日様の力をたくさん貰った子たちと、全く同じにはなれないのです。

それでも、茶豆は転びながらも私のところに駆け寄ってきてくれます。

一番先頭を歩きたいと、張り切って散歩しています。

リリさんの激しい遊びの被害にあいながらも日々たくましくなっています。

少しずつ少しずつ、歩き方が良くなってきたり。。。

前はうまくできなかったブルブル(←踏ん張ることができないので)も、最近ではうまくできるようになりました。

100%他の子と同じように歩けなくても、それにちょっぴりでも近づけるように、ゆっくりと回復させてあげたいと思います。

茶豆のような子が、これ以上増えないことを願って☆

Chamariri

| | コメント (10)

近況報告

~我が家から巣立った子たち~

まずは、現在世田谷区にお住まいの文太さん。

(今はランディくんです。)

Photo1

きっと偶然、街ですれ違っても、もう誰だかわかりません(笑)

痩せたね~♪

Photo_4

「zzz。。。」

スヌーピーのような、かわいい寝顔

ランちゃん(文太)は、おトイレは外派。

でもかといって、家でしないわけではなく、我慢できなくなったらその辺でシャー。

我が家にいたころは、買ったばかりのたたんで置いた敷布団にシッコされたという、甘酸っぱい記憶が。。。

でも、それが里親様の努力のおかげでいまでは、ウンコもシッコも自らトイレシートに行ってできるようになったそうです。

そして現在埼玉県在住、二代目預かりっ子の梅太郎。

2007_217

つぶらな瞳は健在です♪

2007_223

「オヤツ、もう一粒ください」

この瞳で訴えられたら、おもわずハグしちゃいますよね♪

そうそう皆さん、幼い頃。。。

七夕の短冊に書いた願いは何でした??

私はというと。。。

「織姫と彦星が会えますように。」

といった、超一般的な教科書に書いてあるような願いや、、、

「○○がたくさん食べたい」

などの、私的な欲望。。。

梅太郎のお家の息子さんは、

「梅太郎が長生きしますように」

と書いてくれたそうです。

なんてイイ子 ☆

そして今、我が家にいるのが、、、

近所で「番長」と呼ばれているりりさんと、、、

その脅威に圧倒されている茶豆(通称:ちゃま)

Img_0535

こんな感じで今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆

今もなお、多くのワンコたちニャンコたちが、未来のパパ・ママ(里親さん)を待っています。

茶豆は、処分されてしまうところをCATNAP小さな命を救うネットワークに助けられました。

| | コメント (3)

ブログ更新

ご無沙汰~。

やっとパスワード思い出し、久々のブログ更新です。

さて☆

すっかりお休みしている『預かりスタッフ』ですが。。。

というのも、預かりっ子に必要以上にベッタベタしてしまう、ダメダメ預かりの私たち夫婦。

ならば、『預かりスタッフ』よりも『里親』の道を選んだ方が、私たち夫婦合っているのではないかという結論に達しました。

そして今回、我が家に里子を迎えることとなりました。

Rimg3822_3

名は茶豆(ちゃまめ)

推定1歳半の男の子です。

茶豆も、飼主持込処分犬です。

茶豆は後ろ足がちょっと不自由だけど、ヨタヨタして転びながらもなんとか頑張っています♪

センターにいた時は、ほとんど歩けなかったそうなので、それに比べるとだいぶよくなってきてるのかな。

詳しくはまた今度書きます。

取り急ぎご報告まで☆

今もなお、多くのワンコたちニャンコたちが、未来のパパ・ママ(里親さん)を待っています。

茶豆は、処分されてしまうところをCATNAP小さな命を救うネットワークに助けられました。

| | コメント (10)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »